×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ルイヴィトンの財布

ルイヴィトンは、財布に限らず、豊富な修理工場による万全なアフターケアが定評を得ています。  ブランドの財布を持つ場合は、バッグは同じブランドのものか、ノーブランドのものにしましょう。
チャックひとつが壊れてもすぐ修理に対応してくれるのは、さすが世界のトップブランドですね。  スタイルを選ばないデザインの高級ブランドだけあって、どんなバッグや服装にも違和感なくおしゃれを演出します。
財布はルイヴィトン、バッグはシャネルでは、デザイン的なセンスうんぬん以前に、ケチったおしゃれと見られてしまうようです。  ブランドのイメージをまとうにふさわしい、財布やバッグのコーディネートを心がけたいですね。
ルイヴィトンは財布のような小物に至るまで、なかなか値が張りますが、コインケースを持つだけでもちら見せセレブ気分が味わえますね。

ルイヴィトンの財布の魅力

ルイヴィトンの財布や、カルティエの財布は、札入れとコインケースのペアで使うおしゃれが人気です。  セレブの中には、ルイヴィトンのように高価な財布であっても、1年ごとに買い替えるとお金回りがよくなるといって、毎年新調する人もいるようです。
財布は、2つ折だとお札もコインもコンパクトにしまえることから、セレブな女性の中には、2つ折のコンパクトにしまえる程度のお金しか持たない男性とはつきあいたくないなどという声もあるようです。  ルイヴィトンなどの札入れタイプの財布は、見栄えがよく、コインを収納しないため形も崩れにくいことがポイントですね。
ルイヴィトンの財布は、スーツ派の人に多く使われています。
ブランド上級者は、バッグに合わせたブランドの財布を選びますが、ブランド初心者は、バッグより手の届きやすい財布から揃えるといいでしょう。

ルイヴィトンとは

ルイヴィトンは、パリで発祥した世界最初の旅行カバン専門店です。 価値があるから持つ、みんなが持つから価値があるという、ブランドの成功例といえるのかもしれません。
ルイヴィトンを買うためにフランスで行列を作る日本人の話は有名です。 ルイヴィトンは、ブランドの象徴となる柄を最初に商品に用いたブランドともいわれています。
世界のルイヴィトンの売り上げのうち、6割を日本が支えているそうです。 LとV、花と星を組み合わせた模様が織り成す機能的で実用的なデザインは、発祥当時は貴族に、今は世界的なリッチを演出するおしゃれな人々を魅了しています。
日本人のブランド好きは世界的に有名で、特にルイヴィトンを身に着ける人が目に付くと言われています。 発祥から100年以上を経たルイヴィトンは、近年は服作りを始めたことが話題を呼びました。

Copyright © 2007 ルイヴィトンのブランド力魅せます!!ルイヴィトンの財布編